icon_CloudMgmt icon_DollarSign icon_Globe icon_ITAuto icon_ITOps icon_ITSMgmt icon_Mainframe icon_MyIT icon_Ribbon icon_Star icon_User icon_Users icon_VideoPlay icon_Workload icon_caution icon_close s-chevronLeft s-chevronRight s-chevronThinRight s-chevronThinRight s-chevronThinLeft s-chevronThinLeft s-trophy s-chevronDown
BMC

自律型デジタルエンタープライズでは、Automation Everywhereは、パフォーマンス、効率性、イノベーションを向上するため、人に代わるのではなく、人と協働する技術を受け入れます。インテリジェントな自動化をデータ、ワークフロー、アプリケーション、システム全体に適用することで、スピードと正確さをもって実行し、コストを最適化し、安全にオペレーションの規模を拡大することができます。

自律型デジタルエンタープライズとは?

自律型デジタルエンタープライズは、将来のビジネスが置かれる状態に対する先見の明といえるもので、絶えざる混乱の最中において、アジャイルで、顧客中心の、知見に導かれる企業が、事業運営を進化させ、存続し、繁栄できるようにするものです。あらゆるところで自動化は、自律型デジタルエンタープライズを活性化し、持続させる5つの技術を可能にする原則の一つです。

Autonomous Digital Enterprise
Current Business Challenges

現在のビジネスが直面する課題

ITリーダーを対象とした、最近のBMCおよびPure B2Bアンケート調査によると、回答者の54%が自動化技術の採用を促進する理由として、運用上の非効率を挙げています。自動化の必要性を促進する課題には以下も挙げられます。

  • ガバナンスと規制上のコンプライアンスが欠如した複数関係者による企業環境
  • メインフレーム、オンプレミス、民間/公共クラウド全体におけるITワークフローの統合と調整の欠如
  • 非整合、不正確、不完全データによるお粗末な決断
  • まとまりのない、マニュアルの、不正確で、遅いプロセスとコミュニケーションチャネル
  • 関連情報との関連付けや状況に当てはめることができないITプロセスと技術のサイロ化
  • 細分化したITキャパシティとコスト計画立案と管理

技術がどのように力になれるか

あらゆるところで自動化は、人工知能(AI)と機械学習を使用して、データドリブンのビジネス決定を可能にし、品質を向上し、不要な手作業を削減し、従業員に権限を与え、ITリソースを最適化します。従業員の専門知識をもって機能する自動化は結合して以下を生み出します。

  • アプリケーションとインフラストラクチャ全体にAI対応の可観測性、分析、可視性を提供する
  • ビジネスワークフローを創造、発見、自動化する
  • マシン対マシンおよびデータ管理プロセスを合理化する
  • 先制型および対応型の修復機能を提供する
  • アプリケーション提供、配布、構成管理を加速化する
  • 運用コストを抑え、パフォーマンスを向上し、イノベーションイニシアチブを可能にする
How Technology Helps
Automation Everywhere

ビジネス課題の解決

私たちは、あらゆるところで自動化がこうした問題を解決できる特定のビジネスユー ザーケースを特定しました。詳しくは電子ブックをダウンロードしてください。

自律型デジタルエンタープライズとなるご相談を承ります