icon_CloudMgmt icon_DollarSign icon_Globe icon_ITAuto icon_ITOps icon_ITSMgmt icon_Mainframe icon_MyIT icon_Ribbon icon_Star icon_User icon_Users icon_VideoPlay icon_Workload icon_caution icon_close s-chevronLeft s-chevronRight s-chevronThinRight s-chevronThinRight s-chevronThinLeft s-chevronThinLeft s-trophy s-chevronDown
BMC

The Autonomous Digital Enterprise(ADE)

混在した状況下でデジタルファースト企業が成功を収める方法を見る

企業が現在の世界で成功を収めるには、自動化とインテリジェンスで有用なデータを収集および有効に活用してビジネス運営を最適化して収益を生む新たな経路を創造し、イノベーションへの道筋を切り開かなければなりません。

ADEフレームワークとは何か?

私たちは急激な変化に直面し続けています。そうした中で企業が成功するには、社会や統治体制、そして私たちのビジネスへの取り組み方の関係性を再構築しなければなりません。企業はこうした変化に適応し、 デジタルトランスフォーメーションへの投資を増やし、新しいビジネスモデルに進化する能力を持つことで、将来の成長に備えることができます。

Autonomous Digital Enterprise(ADE)は将来成功する企業のためのフレームワークです。ADEは、実行可能な知見、ビジネスアジリティ、顧客中心性を通じて変革をサポートする明確な技術的理念と運用モデルを特徴とするデジタルファーストの企業です。

技術的理念

ADEの進化のカギを握るのがテクノロジーの活用と最適化です。私たちは、ADE がスキル開発とソリューションおよびツールのキュレートを通じて取り組みと投資で最大の効果を得るために専念すべき5つの技術的理念を定めています。5つの技術的理念は、以下に挙げる運用モデルと組み合わせて、ADEの成果として成功を収めるために注力すべきエリアを示しています。

並外れた顧客エクスペリエンス

AIを活用して、以下のようなオムニチャネル、マルチモーダル、クラウドファーストのエクスペリエンスを提供します。

  • テクノロジーをより人間的に感じられるようにすることで、顧客と従業員の需要に応える
  • 人の専門知識に支えられた豊かな「セルフ型」(DIY型)エクスペリエンスを可能にする
  • デバイスを相互連携のチャネルととらえる
  • 分析およびオーケストレーション機能を活用して円滑なエクスペリエンスを実現

Automation Everywhere(あらゆるところで自動化)

新たなテクノロジーを採用、急速に増加するデータを活用し、ソフトウェアによって調整、制御、実行される高度に自動化されたビジネスプロセスを推進します。ADEにおける自動化の位置づけは、人の取り組みを拡大する補完的なビジネス機能です。組織はデータセンターの隅々に至るまで自動化を活用させることで以下のことを実現できます。

  • 効率性と規模を伴う業務を実行
  • 従業員を日常的な業務から解放
  • コストを軽減しながら顧客との連携を向上

エンタープライズDevOps

ソフトウェアイニシアチブと既存のポートフォリオを対象にDevOpsプロセス、ツール、スキル、チーム、リーダーシップを導入および開発して、以下のことを実現します。

  • 事業のアジリティを高め、イノベーションを可能にし、顧客を喜ばせる
  • アプリケーションとサービスを速やかかつ継続的に提供できるように最適化する
  • 文化面と行動面の変化を受け入れ、摩擦のない環境をつくることにより成功をもたらす
  • セキュリティイニシアチブ(DevSecOps)とデータパイプラインの自動化(DataOps)を推進

データ主導の事業

データ中心型へのシフトとともに、堅牢な分析機能を主として、データ戦略、アーキテクチャ、運用、および実行に対して体系的なアプローチを取ることにより、資産から価値を創造、収益化します。データ処理を中心に置くよう意識を変えるにより、ビジネスでは以下のことが可能になります。

  • IoT、ソーシャルメディア、カスタマーエンゲージメントシステムから企業全体のデータを抽出する
  • 人工知能(AI)と機械学習(ML)を導入して活動を最適化し、改善し、導き、実行する
  • 価値あるビジネス使用例によりデータ資産を収益化する

適応型サイバーセキュリティ

デジタルランドスケープ全体で進化する新たな脅威を自動かつプログラミング対応で軽減して、手動の介入の能力を上回るリスク環境に対応します。

  • AI対応ソリューションとクラウドソースの環境を組み合わせ、脅威を検知する
  • 開発、セキュリティ、運用チームの間にあるギャップを埋めるため、DevSecOpsを採用する
  • ゼロトラストフレームワークで成熟したアクセスと認証プラクティスを採用する
  • 人材不足、リモートワーク、接続の急激な増加の課題に対処する

「あらゆる会社の管理と運用において、技術の果たす役割の重要性が増大する中、AI主導の自動化は、いかなる組織にとっても、複雑さと規模を管理する上で要となります」

— BMC President and CEO、アイマン・サイード

競争上の差別化要因

ADEは成長を重視しています。手作業による冗長的なタスクを自動化されたインテリジェンスに置き換えて人材を解放することで、各人材の創造性の発揮、顧客のニーズへの対応、より高いレベルの仕事での連携を実現します。成功を収めるADEとして、以下の3つの基準と成果を特徴としています。

  • 実行可能な知見

    ADEは、新しいテクノロジーと分析を活用することにより、データの相関とビジネスまたはシステムのアラートを超えて、真に実行可能な知見、より広い視点、予見的インテリジェンスを活用し、より迅速で優れた意思決定を可能にします。

  • ビジネスアジリティ

    成果を生むためには、社内外の顧客が要求する変化への対応が不可欠です。組織は、冗長的なタスクを自動化することで、デジタルエンタープライズをよりよく理解しイノベーションに向けて進むための柔軟性を獲得します。それが、顧客満足度、従業員エンゲージメント、運用パフォーマンスの大幅な改善につながります。

  • 顧客中心性

    顧客満足度が最も高い企業の株主価値は10年間で2倍に増大しました。大規模で複雑なデジタルエンタープライズの管理に必要な労力を最小限に抑えることで従業員は解放され、ビジネスラインや顧客とより緊密に連携し、動的に変化する市場をよりよく理解し、優れたエクスペリエンスを提供できるようになります。

ADE運用モデルの特徴

ADEからの価値の創出と顧客への提供を促進する5つの重要な領域を以下に説明します。

  • エコシステム主導のイノベーション:業界トップクラスの機能を提供するパートナー (ソフトウェアおよびインフラストラクチャーソリューション)に差別化されていない取り組みを移管して、重要な差別化要素への注力を可能にします。
  • デジタルビジネスドメイン:エンドツーエンドでの目標を最小限のサポートを追加するだけで達成できるよう、ビジネス、運用、テクノロジーを企業内の自律的なビジネス部門に統合します。
  • ESGイニシアチブ:現在および将来の規制に準拠するため、すべての技術アーキテクチャと意思決定に環境、社会、ガバナンス(ESG)のベストプラクティスを組み込みます。
  • 職場の変革:テクノロジー、職場環境モデル、組織プロセスを活用して、従業員のコミュニケーション、満足度、健康、包括性を向上します。
  • ITの応用拡大:センターオブエクセレンスを設立し、会社全体のイノベーションイニシアチブを支えるテクノロジーを提供します。