BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

Application Accelerator for IMS™

Application Accelerator for IMS

BMC Digital ITは、フォーチュン500社の82%の企業においてデジタル革新を実現しています。

IMS バッチ処理のコストを低減

BMC Application Accelerator for IMS の直感的なインターフェイスにより、システム管理者は、IMS バッチ処理環境をすばやく簡単に最適化することができます。 このソリューションにより、次のことを実現します。

  • IMS バッチ処理ジョブの CPU コストと実行時間の削減
  • ルールベースの直感的なインターフェイスを活用して最適化タスクを自動化
  • 詳細なパフォーマンスレポートによる削減効果の追跡

関連トピック:  メインフレーム, Mainframe MLC Cost Management, Data Management for IMS™

バッチプロセスのパフォーマンスを監視して最適化

Application Accelerator for IMS は、実績のある IMS バッチプロセス最適化のアプローチを採用しています。バッチプロセス環境を詳細に監視し、低速なジョブやリソース消費量の多いジョブを探して、どこを最適化すれば最も効率的に時間とリソースを節約できるかを判断します。その後、最も効率性を高める最適化手法を実装します。

パワフルな最適化手法

自動化された最適化プロトコルを実装することにより、BMC の拡張 I/O の置換、OSAM シーケンシャルバッファリング、DFSVSAMP チューニングなど、問題プロセスを最大効率で実行します。

動的な解決

ソリューションのコンテキストベースの提案をガイド情報として使用して、各ジョブの最も効率的な最適化手法を選択できます。

ポリシー駆動の最適化

自動化された最適化プロトコルを構築し、ユーザー定義のフィルタと条件に一致する読み取り型 DL/I コールを使用してバッチジョブを実行します。

各種のアプリケーションタイプをサポート

BMP、DL/I、DBB アプリケーションのリソース使用率を最適化します。

簡単な実装

推奨事項と節約量の表示、ポリシー管理を、GUI から実行することができます。JCL やアプリケーションコードを変更する必要はありません。

営業に問い合わせる ›

詳細なレポート

  • 直感的なレポート機能により、IMS バッチプロセスのパフォーマンスに関する有用な情報を取得
  • 各バッチジョブにおける削減効果の詳細なレポートにより、CPU 使用率の削減量をリアルタイムで確認
  • リソース削減データをエクスポートして、他のアプリケーションでのレポート処理で使用

最適化機能を拡張

Subsystem Optimizer for zEnterprise®

BMC Subsystem Optimizer for zEnterprise は、LPAR 経由のデータアクセスやデータ通信を可能にします。これにより、DB2、IMS DB、IMS TM、および CICS インスタンス間でワークロードを効率的にリダイレクトできるため、MLC の削減につながります。

MainView Batch Optimizer

BMC MainView Batch Optimizer を使用して、バッチジョブの実行時間を短縮し、必要なリソースを削減します。