BMCソフトウェア製品サポートポリシー(タイムベース)

2011年9月1日以降にリリースされたESM製品に対して適用されます。

2011年9月1日から有効 ( 最終アップデート 2012年1月)

BMC Enterprise Systems Management (ESM) 製品のサポートポリシー

こちらのページで使用されている用語の定義をご覧になる場合はスクロールダウンしていただくか、こちらをクリック下さい。

BMCソフトウェアのESM製品に対するサポートポリシー:このポリシーは、Enterprise Systems Management (ESM)部門によって提供されるソリューションのサポート期間を定義しています。製品のテクニカルサポートはライセンス契約の承諾に基づいた有効な保守契約によって提供されます。

BMCソフトウェアは、メジャーまたはマイナーのバージョン.リリース(VV.RR)に対し、販売開始日より最低5年間のテクニカルサポートを3段階に分けて提供します。

  • 3年間 のフルサポート - バージョン.リリース(VV.RR)の販売開始日から少なくとも3年間のフルサポートを提供します。
  • 2年間の限定サポート - フルサポート期限終了後、少なくとも2年間の限定サポートをバージョン.リリース(VV.RR)に対し提供します。
  • サポート終了 - 限定サポートの終了期限を迎えた全てのソフトウェアは、有効なテクニカルサポートの対象となりません。

有効な保守契約を結ばれているお客様は、各製品の全てのサポート段階において、電話、電子メール、WebサイトよりBMCにご連絡いただけます。

幾つかの製品は、追加の年間費用によってサポートの延長が可能です。詳しくは、BMCソフトウェア担当営業までご連絡下さい。

バージョン/リリース(VV.RR)に対する継続的なメンテナンスは、基本的に年1~3回の頻度で行われます。

  • サービスパック - VV.RR.SP (以前のVV.RR.MM)は販売開始日より最低12ヶ月間フルサポートされます。
  • ほんとんどの最新GAパッチはフルサポートされます。

カスタマーサポートはお客様に対し、バージョン.リリース(VV.RR)の最新のメンテナンスレベルにアップグレードしていただくよう、推奨する場合があります。

以下のテーブルは、バージョン.リリース(VV.RR)の5年間のライフサイクルの一例であり、日付およびサポートステータスは変更される場合があります。

リリースGA   フルサポート 
限定サポート サポート終了
VV.RR – 2.0.00, 2011年1月12日 2014年1月12日 2016年1月12日 2016年1月13日
.SP2.0.05, 2011年4月7日 2012年4月7日 2013年4月7日 2016年1月13日
.SP2.0.06, 2012年2月9日 2014年1月12日 2016年1月12日 2016年1月13日


* 例外として製品サポートの期間が延長・短縮がなされる場合、BMCソフトウェアSupport Central WebサイトおよびProactive Notification、またはリリース・ノートで通知します。BMCソフトウェアは、バージョン.リリース(VV.RR)の販売開始日より最低24ヶ月の限定サポートを提供致します。


現在のサポートレベルおよび製品情報に関しましてはProactive Notificationに登録し、Supported Product A-Z pagesをご覧下さい。なお、Proactive NotificationのEメールメッセージ及び関連のドキュメントは英文でのご提供となります。

サポート期限の延長BMC ソフトウェアは、一部の製品群のサポートに関して、本書に記載されているサポート期間を延長する場合があります。これについては、BMC ソフトウェアの Web サイトおよび Proactive Notification サービス、または対象の製品のリリース・ノートで通知されます。

 その他の情報
一部の製品群の利用可否およびサポート期間については、BMCソフトウェア担当営業にお問合わせください。最寄りのBMCソフトウェアのオフィスはcontact information よりお調べいただけます。

BMCは保守契約を結ばれているお客様に対し、基本的には追加費用を必要とせず、新しいバージョン、リリース、サービスパックを提供します。

カスタマーサポートはお客様に対し、新しいバージョン、リリース、サービスパックにアップグレードするよう推奨する場合があります。

 

用語 定義
フルサポート

BMCは、ソフトウェアのアップデート、リリース拡張を提供するため、最新リリース、バージョンの製品を提供します。

BMCは、製品の操作資料に基づき、製品が動作する為にサービスパック、パッチ、ホットフィックスまたはワークアラウンドを提供します。

限定サポート

バージョン/リリースに対し新たな拡張は行われません。

カスタマーサポートは、ご連絡いただいた問題に対し、既存のフィックス/パッチ、またはワークアラウンドを提供します。

BMCソフトウェアは、お客様の問題に対し、重大な技術的影響、もしくはお客様の業務に多大な影響を及ぼす場合に限り、新しいホットフィックスを提供します。 影響度および重要性は、お客様よりご提供いただいた情報をもとにBMCが判断します。

カスタマーサポートは、お客様により新しいバージョン、リリース、サービスパックにアップグレードするよう推奨します。

サポート終了

フルサポート及び限定サポートの期限が過ぎたバージョン/リリースには有効な技術サポートが提供されません。

ほとんどの技術資料へのアクセス、BMC Support Central ポータル、ナレッジベース検索、既知の解決策やワークアラウンド、およびBMCサポートコミュニティーへのアクセスが可能です。

“サポート終了”となったバージョン/リリースに対して、継続的な新しいメンテナンスリリース、拡張、パッチ及びホットフィックスは作成されません。

カスタマーサポートは、お客様により新しいバージョン、リリース、サービスパックにアップグレードするよう推奨します。

幾つかの製品は、追加の年間費用によってサポートの延長が可能です。詳しくは、BMCソフトウェア担当営業までご連絡下さい。

リリース番号

BMCソフトウェアは、ソフトウェアのバージョンを3つの数字の組み合わせで表示しています。
VV.RR.SP (以前の VV.RR.MM) または YY.YY.RR


VV.RR.SPの場合:
      VV=メジャーバージョン、RR=マイナーリリース、SP=サービスパック

YY.YY.RR (オンデマンド製品)の場合:
      YY.YY=4桁の年、 RR=リリース(例. 20.10.02)

1stレベル- バージョン

一般的なインストールプログラムを通して所定のプラットフォームにインストールすることが出来き、また動作するBMCソフトウェア製品の主要構成(VVもしくはYY.YY)。アーキテクチャーや構成の変更、新たな主要製品への対応、または以前のバージョンへの非互換性、大幅なマイグレーションの必要性などを表しています。

2nd レベル- リリース メジャーバージョンへの対応を調整したBMCソフトウェア製品の改訂リリースの構成(RR) 。製品機能の拡張および新しい性能向上、オーバーレイ/アップグレードインストールなどを表しています。
3rd レベル- サービスパック

特定のディフェクトの解決または品質向上の為の新規拡張、操作性、パフォーマンスの向上を目的としたBMCソフトウェア製品の累積メンテナンス構成(SP)。

サービスパック(以前のメンテナンスリリース)は基本的に年1~3回の頻度で行われます。

製品の性能、安定性を向上させるため、Service Packsの導入は強く推奨されます。

GA パッチ

バージョン/マイナー/メンテナンス/SPのリリース以前に行われ、緊急度の高いフィックスを累積したものです。パッチは、フルサポートまたは限定サポート製品に対してのみ有効です。GAパッチは将来の製品リリースに組み込まれます。

カスタマーサポートはアップグレードを推奨する場合があります。

更新履歴
2012年1月-3rdレベルのバージョン番号がMMからSPに変更。サポート終了の明確化。