BMCソフトウェアMSM製品のサポートポリシー

2011年11月15日から有効

BMC Software Mainframe Service Management (MSM) 製品のサポートポリシー

Mainframe Service Management (MSM) ビジネスユニットは、弊社ソフトウェアを通してお客様に最高のサービスを提供するよう心がけています。 そのため、私共は常に新たなバージョン/リリースのアップグレードを行い、製品の品質向上を図っております。

リリース番号
MSMではソフトウェアのバージョンを3つの数字の組み合わせで表示しています。 形式は、VV.RR.MMで、V はバージョン、R はリリースレベル、そしてMM はメンテナンスレベルを表します。 一般的な製品のバージョン番号およびリリース番号に関して言及する場合、メンテナンスレベルは省略されることがあります。 VV.RRのみが言及されている場合、全てのメンテナンスレベル (MM) が含まれます。

弊社サポートポリシーをご理解いただくには、以下の番号の組み合わせが重要となります。 なおこのポリシーは、リリース番号のVV.RRまでを参照しており、MMはその要素ではありません。 このポリシーは、リリース関係を説明する際に以下の用語を使用します:

  • 最新リリース ” – MSM製品において、直近に公開されたバージョン/リリース。
  • C-1 リリース” – 最新リリースの直前のバージョン/リリース。
  • C-2 リリース” – C-1 リリースの直前のバージョン/リリース。

フルサポート
MSMはライセンス契約に基づき、最新のバージョン/リリース及び、直前のバージョン/リリース(C-1)をフルサポートします。
フルサポートは以下を含みます。

  • FAQ、Tips and Solutionsを含む、BMCのオンライン ナレッジベースへのアクセス。
  • 電話、電子メール、Webサイトを使ったサポート担当者への連絡。
  • 必要に応じた、開発部への問題調査、解決支援の要請。
  • 操作資料に基づき、製品が動作するための調整、パッチ、ワークアラウンドの提供。
  • 拡張要求を作成することによる、将来リリースされる製品に対しての提案。
    採用された拡張は将来のバージョンに対してのみ考慮されます。

限定サポート
MSMは最新のリリースが販売されてから少なくとも12ヶ月間の限定サポートをC-2リリースに対して提供します。 限定サポートは以下の点を除き、フルサポートと同じです。

  • 新しいパッチおよびフィックスは作成されません。 カスタマーサポートは、ご連絡いただいた問題に対し、既存のフィックス、パッチ、またはワークアラウンドを提供します。
  • カスタマーサポートは、問題解決にあたりフィックス/パッチの代わりにお客様により新しいバージョン/リリースにアップグレードするよう推奨します。
  • 開発部への協力要請は緊急性の高いものに限り、また問題の解明だけに限定されます。

サポート終了
製品バージョンがC-2以下となると、サポート終了になります。製品がエンドオブライフとなってもいくつかの情報は残すことがあるので、一部の情報はオンラインのナレッジベースで検索することが出来ます。

製品エンドオブライフ
特定のケースにおいて、製品のバージョン/リリースが通常のガイダンスとは別に、サポートが終了する場合があります。例えば、頻繁にアップグレードする必要のない完成度の高い製品は、C-2バージョンのサポートを終了、または全ての製品のサポートを終了する場合があり、これらをエンドオブライフと呼びます。この場合、MSMは最低18ヶ月間の通知期間が設けられます。

サードパーティ製品
フルサポートを受けるには、サポートされる環境でなければなりません。 例えば、ベンダーが製品のサポートを終了した場合で(例:OS、サブシステムなど)、且つその製品がMSMソフトウェアと共に稼動している場合、MSMのサポートを受けるに前に、サポートされているバージョンへのアップグレードが必要になります。

アップグレード
MSMソフトウェアのアップグレードを行う場合、最新バージョンをElectronic Product Distribution (EPD)サイトからダウンロードすることが出来ます。こちらのサイトへのアクセスは、有効なメンテナンス契約が必要となります。

BMCソフトウェアMSMサポートポリシーの例と解説
4つのバージョン/リリース 3.0、 2.9、 2.8、2.7を例にした場合、以下のサポートポリシーが適用されます。
3.0が販売開始 (GA) となると:

  • 3.0及び2.9はフルサポートになります。
  • 2.8は最低12ヶ月間限定サポートになります。
  • 2.7はサポート終了になります。

拡張要求(Enhancement Request)はいつでも作成することは可能ですが、将来リリースされる製品に対してのみ考慮されます。

注)異なる製品リリースサイクルが存在する中、多くのMSMバージョン/リリースは3~5年間サポートされます。 そして、サポート期間が24ヶ月を下回るものはありません。