BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

Workbench for DB2®

Workbench for DB2

BMC Digital IT は、フォーチュン 500 社の 82% の企業においてデジタル革新を実現しています

DB2 アプリケーション開発をより簡単に

多くのアプリケーション開発者はプロジェクトに必要な DB2 カタログ情報を、データベース管理者に依頼して入手しています。 BMC Workbench for DB2 は、複数のメインフレームソリューションの一部として組み込まれているため、追加料金なしで利用できます。この製品は、DBA の負担を軽減することによって開発者を支援します。

  • DB2 カタログ情報への簡単なアクセス
  • 実稼働前の SQL をチューニングしてアプリケーションのパフォーマンスを向上
  • 関連するデータベース情報をカスタムワークスペースで編成
  • タブレットインターフェイスにより、メインフレームアプリケーションと DBA のタスクに外出先から簡単にアクセス

関連トピック:  メインフレーム, MLC Cost Management, Data Management for DB2® on z/OS®

ユーザーフレンドリーなインターフェイスで DB2 と情報のやり取りが可能

直感的に使えるグラフィカル・ユーザ・インターフェイスを搭載した Workbench for DB2 は、DB2 データベースの情報をより簡単に把握して、より迅速な操作が可能です。 Workbench for DB2 を使って、データベースカタログを参照したり、SQL のパフォーマンスしきい値をテストしたり、プロジェクトのニーズに従ってカスタムワークスペースを構築することが可能です。

使いやすい Web ベースのインターフェイスを採用

従来の TSO/ISPF 環境とは異なり、Web ベースのダッシュボードスタイルによるフロントエンドが採用されているため、開発者は簡単な操作でデータベースを参照したり対話操作を行ったりすることができます。

データのセキュリティとアクセス権限を保持

既存のセキュリティとアクセス権が維持されるため、ユーザーアクセスを許可済みのデータとアクションのみに制限できます。

情報をワークスペースに編成

ワークスペースを定義、保存、共有できます。ワークスペースはデータベースオブジェクトと情報のコレクションであり、開発プロセス全体で使用できます。

複数のバージョンの SQL クエリを比較

高度な EXPLAIN 機能を使用して SQL をテストすることで、最適なパフォーマンスが得られるようアプリケーションを微調整できます。

パフォーマンスの潜在的な問題を一掃

これまでに確立されたベストプラクティスとパフォーマンスのしきい値の観点からコードをチェックし、アプリケーションを期待通りに機能させます。

DDL のコピー & ペースト

DB2 サブシステムから DDL (または HDDL) ストリングを抽出し、別のサブシステムで再実行できるようにします。

営業に問い合わせる ›

Workbench for DB2 は次のソリューションの一部として提供

Object Administration for DB2®

BMC Object Administration for DB2 ソリューションは、DB2 データベースオブジェクトのメンテナンスと更新に必要とされる労力と、関連するリスクを著しく削減します。

Performance for DB2® SQL

SQL を合理化し、コストのかかるハードウェアのアップグレードを回避し、突発的な再編成を最小限に抑えることで、DB2 アプリケーションの可用性とパフォーマンスを向上させつつコスト削減も実現します。