BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

優れたイベント管理でサービスの中断を最小化

イベント管理とインパクト管理の簡略化ならびに統合、サービスのパフォーマンスと可用性の改善、運用コスト削減、ビジネスリスクの最小化を実現します。

BMC TrueSight Event and Impact Management は、業務上またはユーザーの側で発生するサービスの中断を最小化します。これは各種テクノロジー、プラットフォーム、ベンダー、データソースをまたいで、各種イベントを自動的に関連付け、優先順位の設定を行う高度な分析により可能になります。

  • 運用効率を改善し、物理環境、仮想環境、クラウド環境におけるイベント、インパクト、可用性、パフォーマンスの管理にかかるコストを軽減します。
  • 根本原因とサービスインパクトの高精度な分析を通じた自動的な優先順位付けと修復により、MTTR を削減し、サービスレベルを向上します。
  • 各種 BMC ソリューションとサードパーティソリューション全体を対象としたインシデント管理、変更管理などの ITIL プロセスとワークフローを自動化し、ビジネス価値を高めます。
TrueSight Infrastructure Management データシート

機能概要

  • インテリジェントなインシデントチケットを自動で発行し、ユーザーが問題に気付く前にサービスデスクに通知
  • 影響を受けるサービスと、そのビジネス優先度の通知により、サービスデスクはビジネスへの影響に応じた優先順位で対応することが可能
  • 問題を引き起こしている可能性のあるコンポーネントも対象とするため、サービスデスクは問題の詳細な分析と修復に適切なリソースを割り当てることが可能
  • 効率的な問題の優先順位付け、迅速な診断と解決
  • CMDB で管理されるサービス対ユーザーのマッピング情報に基づいて、各インシデントで影響が及ぶユーザーを通知
  • 物理リソースの管理と同等に厳密かつ制御の行き届いた仮想リソースとクラウドリソースの管理

「当社のビジネスユーザーは常に新しいテクノロジーを求めています。本番環境に投入され次第それらの新しいテクノロジーをモニタリングできる体制は、当社にとって必須です」

— Philippe Peter (Societe Generale 社、Solutions Architect)
Societe Generale 社のストーリーをすべて読む

関連トピック:  IT Operations Analytics (ITOA), IT 運用, TrueSight