BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

Remedyforce の機能と統合

Remedyforce が提供する強固な IT サービス管理機能により、動的なビジネスニーズをサポートします。

移動 Remedyforce 製品ページ

概要ビデオを見る (1:30) › 無料トライアルを始める ›
  • Change Management

    Change Management

    ビジネス要件に応じたワークフローで IT 変更管理のプロセスを追跡、制御、レポートします。 また、効率的なプロセスの適用と承認の自動化によりリスクを最小限に抑えます。

  • CMDB と構成管理

    CMDB と構成管理

    統合されたインベントリにより Remedyforce 構成管理データベース (CMDB) 内の情報の精度が維持され、根本原因分析と影響分析の結果を正確に表示します。 構成項目間の関係などの構成データをトポロジービューで表示します。 不一致検出機能やインパクト分析機能なども提供されます。

  • リリース管理

    リリース管理

    計画、スケジューリング、ビルドの制御やテスト、リリースや新機能の展開のためのプロセスの管理を可能にし、同時に、既存サービスの整合性を保護します。

  • チャット

    ユーザーへの連絡とコラボレーションをリアルタイムで簡単に実現IT スタッフと担当カテゴリをマッピングして、担当者の割り当てを自動化チャットセッションから既存インシデントの更新や新規インシデントを作成可能

  • マルチチャネルのセルフサービス

    セルフサービス

    従業員が各自の問題や要望を自己解決できるようにします。 ユーザーは新しいサービスリクエストを送信したり、よくある問題の解決策を膨大なナレッジベースから検索したり、以前送信したインシデントのステータスを確認したりすることができます。 モバイルデバイスからセルフサービスにアクセスすることもできます。

  • サービスカタログ

    サービスカタログ

    ユーザーがサポートに問い合わせなくても IT サービスやビジネスサービスの内容を確認したり、リクエストできるカタログを作成します。 リクエストのレビューと承認を自動化して、サービス品質と効率を最大化できます。

  • IT とビジネス用のモバイルアプリ

    IT とビジネス用のモバイルアプリ

    リモートで作業する IT ユーザーやビジネスユーザーのニーズをサポートします。 IT エージェントは、Salesforce1 プラットフォームを活用することで、コンピューターで実行できる事実上すべてのタスクをモバイルデバイスから実行できます。 セルフサービスビジネスユーザーは、モバイルデバイスからインシデントを送信、ナレッジ記事を表示、そして一般的なチケットテンプレートを使用することができます。

    ビジネス用のネイティブ Remedyforce モバイルアプリは、ステータスの確認、インシデントの送信、サービスリクエストの参照や送信を含むすべてのセルフサービス機能を提供し、モバイルデバイスからナレッジ記事の確認、承認の管理、Chatter での会話のフォローなどを行えます。

  • サービスレベル管理

    サービスレベル管理

    顧客満足度と対応力を高めます。 非 IT 部門との運用契約やサードパーティーベンダーとの基盤契約への拡大にも適用できます。

  • ダッシュボードと分析機能

    ダッシュボードと分析機能

    ダッシュボードビューはカスタマイズ可能で、エージェントはさまざまなプロセス、パフォーマンス、作業負荷測定の重要業績評価指標を視覚的に素早く表示できます。 最適なタイミングで実行される効果的なレポート機能により、サービスの質を継続的に向上させます。

  • レポート

    レポート

    ヘルプデスクと IT アセット管理運用の管理と最適化に必要なレポートを提供します。 パワフルな force.com プラットフォームにより、組織全体を通じて主なパフォーマンスデータとキャパシティデータの追跡に必要な繊細で、視認性が高く、フレキシブルなレポートを作成できます。

  • Chatter によるソーシャルコラボレーション

    Chatter によるソーシャルコラボレーション

    Salesforce Chatter® 機能を使用して、利用者同士の共同作業でインシデントを解決でき、顧客は Chatter 投稿で IT と連絡を取ることができます。利用者は、共有するナレッジを取得するために任意のオブジェクトをフォローできます。 また、Chatter を使って、承認などのビジネス処理も実行できます。

  • ITIL ベストプラクティス

    IT ベストプラクティス

    Remedyforce は独自の配列型プロセスモデルを提供しており、ユーザーは主要な IT サービス管理分野すべてにおいて業界のベストプラクティスにアクセスできます。これによりトレーニングを実施する必要はなくなり、解決までの時間短縮、リスク抑制、さらにはコンプライアンス/ガバナンスの向上を図ることもできます。

  • ナレッジ管理

    ナレッジ管理

    お客様やユーザーに ITIL ナレツジ管理およびベストプラクティスを使用してもらうことで、一般的なヘルプデスク案件を自ら調査し解決できるようにします。 新しい IT スタッフへのトレーニング要件を削減し、既知の問題をトラブルシューティングする時間を省きます。 有資格ユーザーがアクセスできるナレッジベース記事を公開、レビュー、承認、消去するプロセスを用意しています。

  • アンケート

    アンケート

    アンケートを作成し、配布を計画して管理することにより、ユーザーの顧客満足度を調査します。 アンケートは簡単に構成、管理でき、フィードバックは自動収集できます。

  • SmartViews

    SmartViews

    BMC SmartViews present all the relevant data of any record in a visual format, making it easy to access all related information to fulfill a request. See which tasks are open, pending, or closed and get details about the record's approval process and all the other ITIL processes.

  • スマートプラクティス

    スマートプラクティス

    スマートプラクティスには次のモジュールが含まれています。
    ビジネスサービスと機能
    カテゴリ
    テンプレート
    サービスリクエストの定義
    サービス品質保証契約

    スマートプラクティスは実証済みのベストプラクティスです。すぐに実装できるため、ゼロからスタートする必要がありません。現在、次の三つのパッケージが提供されています。スマートプラクティス (VPN ソフトウェア、デスクトップソフトウェアなど、IT 関連のリクエスト)、HR 向けスマートプラクティス (福利厚生の質問、新人研修など、HR 関連のリクエスト)、施設向けスマートプラクティス (新しいオフィスの設置、AV の設置など、施設関連のリクエスト)。

  • Remedyforce エージェントレスディスカバリ

    Remedyforce エージェントレスディスカバリ

    エージェントレスディスカバリは BMC Remedyforce ライセンスに含まれているため、追加のコストは発生しません。エージェントレスディスカバリを使用すると、エージェント (またはスキャナ) がネットワーク上の 1 つ以上のデバイスにインストールされます。これらのデバイスは (設定した構成に基づいて) ネットワーク上のデバイスをスキャンし、スキャンしたデバイスの情報を Remedyforce CMDB に送信します。

  • サービスの稼働状況

    サービスの稼働状況

    システム管理者、変更マネージャー、スタッフメンバーが、各ビジネスサービスの稼働状況を一目で確認できるようにします。

  • Remedyforce Marketplace

    Remedyforce Marketplace

    Remedyforce Marketplace では Remedyforce 向けの無料の製品やサービスをすべて見つけることができます。

Remedyforce の統合

IT 組織の他の機能分野と統合することにより、可視性の向上、コミュニケーションの調整、サービス提供の迅速化など、現代のビジネス独特のニーズをサポートします。