BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

Performance for DB2® SQL

Performance for DB2 SQL

BMC Digital ITは、フォーチュン500社の82%の企業においてデジタル革新を実現しています。

コストのかかる効率の悪い SQL を一掃

BMC Performance for DB2 SQL 11 ソリューションは、業務の効率を下げている無駄な SQL 文を見つけ出して排除します。 アプリケーションのライフサイクル全体にわたって SQL パフォーマンスを管理するように設計されているため、次のようなことを実現します。

  • パフォーマンス問題を診断して、その発生源まで追跡するため、効果的な SQL チューニングを実現
  • SQL に関連する速度低下を予測するため、サービスレベルに影響が出る前に解決
  • リソースを最大限に活用して、面倒な再編成とコストのかかる CPU のアップグレードを回避
  • 常に効率よくコスト効果が高い状態で SQL を実行

関連トピック:  メインフレーム, Mainframe MLC Cost Management, Data Management for DB2® on z/OS®

さまざまな角度から SQL を検証

運用前の SQL 検証からリアルタイムのパフォーマンスデータ分析にいたるまでの幅広いツールを備えた Performance for DB2 SQL は、DB2 環境全体にわたって SQL の効率性を向上させます。リソースを費やす SQL 文のチューニングを行い、ワークロードのアクセスパスを最適化してインデックス化戦略を強化するための推奨事項を手に入れることができます。

影響の少ないトラブルシューティング

コストのかかる SQL トレースを実行せずにリソースを消費する SQL 文を正確に特定して、可用性を高めます。

コストのかからない SQL 文を実現

最もコストのかかる SQL 文を簡素化して、さらに効果的な処理を実行します。

問題を早期に突き止める

開発段階で SQL を検証し、有効なアクセスパスを確保して SQL のベストプラクティスを展開します。

再編成の予定を立てる

スペース使用量とパフォーマンス指標を評価して、再編成の必要の有無や再編成の時期を決定します。

適切なアクセスパスを選択

変更の実施時または新しい環境への移動時に問題が発生しないように、ワークロードの複数バージョンのアクセスパスを比較します。

インデックス化のアプローチを検討する

使用していないインデックスを特定したりインデックス変更のモデル化を行うなど、インデックス使用量の分析を行い、インデックス化戦略を強化します。

時間経過におけるパフォーマンスを把握

パフォーマンスの履歴データを収集して管理し、パフォーマンスの傾向と分析を行います。

営業に問い合わせる ›

サービスレベルを維持しながらコストを削減

  • SQL チューニングを実行し、不要な再編成を回避して CPU のコストを削減
  • コストのかかるハードウェアやソフトウェアのアップグレードなしで、エンドユーザーの応答時間を改善
  • 適切で効果的な SQL 文を使用して、サービスレベル品質保証契約を維持
  • DB2 環境を最大限に活用できるように、開発者やデータベース管理者に必要な情報を提供

「リソース消費を削減するために何らかの手段をとっていなければ、CPU のさらなるアップグレードが必要になっていたことに気付きました。 このようなことから、IT 全体のチューニング計画を開始し、BMC のツールを使用してパフォーマンスの改善と MIPS を削減する方法を見つけました」

— Terry Glover (Dillard 社、Technical Architecture and Support、Director) BMC ソリューションの導入による Dillard 社の成功事例をさらに読む

このソリューションに含まれている製品

Performance for DB2 SQL ソリューションには以下の製品が含まれています。これらはすべて、効率の悪い SQL が原因で発生するパフォーマンス問題を解消するために設計されています。

  • Apptune for DB2®

    BMC Apptune for DB2 は、コストのかかる DB2 SQL トレース実行に起因するサービス中断を発生させることなく、SQL のパフォーマンス問題を特定し、詳細なパフォーマンスデータをリアルタイムに追跡することができます。 最も頻繁にアクセスする DB2 テーブルとインデックスを正確に検出し、ページアクティビティ、バッファプールの効率性、I/O 応答時間を分析することができます。 Apptune は、最もインパクトを受ける SQL 文を特定するため、調整の必要性を容易に把握できます。 さらに、ソフトウェア料金が MLC に基づいて変動する場合、Apptune を使用すれば四時間平均のピーク時にコストのかかる SQL を実行せずにすむため、DB2 だけでなく全体のソフトウェア料金を削減することができます。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Performance for DB2® SQL

  • SQL Explorer for DB2®

    BMC SQL Explorer for DB2 は開発作業に理想的な製品です。開発者はこの製品を使用して、アプリケーションを本番環境に展開する前に、SQL パフォーマンスの潜在的な問題を検出、解決することができます。 SQL 文を解析し、構文エラーをチェックし、テスト環境で SQL 文を実行することで、本番環境で発生する可能性のあるパフォーマンス問題を突き止めることができます。 各種シミュレーションでアプリケーションを実行することにより、最適な設計を判別することができます。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Performance for DB2® SQL

  • Performance Advisors for DB2®

    BMC Performance Advisors for DB2 は、同一ソリューション内の別のコンポーネントにより収集されたデータに基づき、チューニングや最適化を提案します。 Index Advisor はインデックス構造を評価し、推奨される改善点を示します。 Workload Compare Advisor により、ワークロードの複数バージョンのアクセスパスを比較するため、変更のインパクトが生じる前にこれを確認することができます。 Reorg Advisor から提示される DB2 オブジェクトのパフォーマンス評価に従って、パフォーマンス問題解消に向けた再編成の必要性やその時期を判断できます。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Performance for DB2® SQL

  • Workbench for DB2®

    BMC Workbench for DB2 は、開発者やデータベース管理者が DB2 環境の情報に実行中でも臨機応変にアクセスできる、セキュアなウェブベースのグラフィカルインターフェイスです。 Workbench が提供する DB2 カタログ情報は使いやすいダッシュボードに表示され、任意の DB2 サブシステムにコマンドを発行することができます。 ユーザーはオブジェクト構造を説明する DDL を抽出することができるので、別の DB2 環境で DDL を再度実行することも可能です。 Workbench for DB2 の詳細を見る

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Object Administration for DB2®, Performance for DB2® SQL