icon_CloudMgmt icon_DollarSign icon_Globe icon_ITAuto icon_ITOps icon_ITSMgmt icon_Mainframe icon_MyIT icon_Ribbon icon_Star icon_User icon_Users icon_VideoPlay icon_Workload icon_caution icon_close s-chevronLeft s-chevronRight s-chevronThinRight s-chevronThinRight s-chevronThinLeft s-chevronThinLeft s-trophy s-chevronDown
BMC
BMC Contact Options

Select the link below that best matches your interest.

For questions about BMC products, solutions, and services, you can also phone the number below:

1‑855‑834‑7487

Performance for DB2® Databases


Next Generation Technology (NGT) を使用して DB2 環境を常に最適化

データ構造が整理されていない、ストレージ領域が不適切に割り当てられている、キャパシティ計画立案の信頼性が低いといったマイナス要因は、健全かつ高パフォーマンスの DB2 データベースの弊害となり、DB2 のコストを増大させます。BMC Performance for DB2 Databases 11 を使用して、DB2 を完全に最適化された状態に維持してください。一連のデータベース・メンテナンス・ツールを提供するこのソフトウェアソリューションには、次のようなメリットがあります。
  • 再編成に使用するリソースを削減し、停止時間なしで高速に実行
  • テーブルまたはインデックスの再編成が必要なタイミングを正確に判別
  • 再編成によってプラスの効果がもたらされる場合にのみ再編成を実行
  • 使用状況の統計を収集、保存して、データベースメンテナンスの事前管理やコントロールを支援
  • DB2 データ管理の時間がかかりエラーが起こりがちなすべてのプロセスを自動化

データベースメンテナンスの最適化と自動化

強力で信頼のおけるデータベースパフォーマンスを実現する鍵は、規則正しく稼働するメンテナンスルーチンを構築することにあります。 Performance for DB2 Databases ソリューションのツールを使用すると、このようなルーチンの構築を実現できるだけでなく、パフォーマンスデータの監視や分析、完全にオンラインでのソート無し再編成、テーブルとインデックスのスペース割り当てなどを任意で実行でき、その他の各種定期メンテナンスタスクも自動実行できます。

現在の環境を詳細に把握

DB2 環境全体の使用状況やパフォーマンス統計を収集し、深く分析します。

再編成作業の絞り込み

使用量に関する統計情報を収集し、それをもとに再編成が有益かどうか判断します。これにより、再編成が必要なもののみスケジュールを作成し、不要なものは保留にしておくことができます。

DB2 リソースの使用量を低減

ソートなしでオンライン再編成が可能な Next Generation Technology により、リソースの消費量を大幅に削減できます。

DB2 データ管理を自動化

DB2 データ管理のプロセスを自動化して、メンテナンスタスクを簡略化します。

処理に対するリアルタイムな意思決定

リアルタイムの統計情報を利用することで、実行時に何を処理するべきか、何をスキップするべきかを判断でき、JCL を生成する必要がありません。

このソリューションに含まれている製品

Performance for DB2 Databases ソリューションには以下の製品が含まれています。これらはすべて、DB2 データベースのメンテナンスに必要なリソースや労力を低減するように設計されています。
  • NGT Reorg for DB2®

    BMC Next Generation Technology Reorg for DB2 は、DB2 データを再編成する際、他の再編成プロセスで使用されるリソースをほとんど使用しないため、効率的に処理を進めることができます。 BMC NGT Reorg には、BMC が特許権を持つ高度な処理技術が組み込まれており、フレキシブルな自動化機能が備わっています。そのため、膨大な量のオブジェクトを再編成する場合でも、ソート処理は不要で、アプリケーションでのデータの可用性は最大限に保たれることから、再編成プロセスを合理的に実行できます。また、管理するデータの量にかかわらず、CPU 全体の使用率と実行時間を削減できます。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 High Speed Utilities for DB2®, Performance for DB2® Databases

  • NGT Utility Manager

    BMC Next Generation Technology Utility Manager は DB2 Real-Time Statistics をすべての NGT ユーティリティと統合します。 BMC NGT Utility Manager は、オブジェクトの特性分析を常に最新の状態で提供して、データベースメンテナンスや DBA の負担を軽減します。 BMC NGT Utility Manager は DB2 データベースメンテナンスを合理化し、JCL を生成せずにユーティリティを実行するため、データベース管理におけるインテリジェントな意思決定をリアルタイムに行うことができます。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Performance for DB2® Databases

  • NGT Stats

    BMC Next Generation Technology Stats は、その他すべての Runstats 製品で必要なリソースのほんの一部を使用して DB2 統計情報を効果的に収集し、極めて明確にデータベース構造を表示します。統計情報を収集するタイミングと方法には強力なオプションがあるので、Runstats の処理全体にかかるコストを削減する一方で、DB2 環境において生産性を向上することができます。BMC NGT Stats では、データベースのパフォーマンス状況を正確に知ることができます。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 High Speed Utilities for DB2®, Performance for DB2® Databases

  • DASD Manager for DB2®

    BMC DASD Manager for DB2 を使用すると、推測に頼らないデータベースメンテナンスを実施できます。BMCSTATS ユーティリティで収集した統計情報が DASD Manager によって分析されるため、キャパシティ計画立案を事前に行うことができ、しきい値を設定してメンテナンスタスクの実行時期を把握できます。 さらに DASD Manager では、テーブルやインデックスのスペース割り当てを自動的に変更できるため、エラーのリスクを大幅に低減できます。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Performance for DB2® Databases

  • Workbench for DB2®

    BMC Workbench for DB2 は、開発者やデータベース管理者が DB2 環境の情報に実行中でも臨機応変にアクセスできる、セキュアなウェブベースのグラフィカルインターフェイスです。 Workbench for DB2 が提供するカタログ情報は、使いやすいダッシュボードに表示され、任意の DB2 サブシステムにコマンドを発行することができます。 ユーザーはオブジェクト構造を説明する DDL を抽出することができるので、別の DB2 環境で DDL を再度実行することも可能です。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Object Administration for DB2®, Performance for DB2® SQL, Performance for DB2® Databases

次世代のユーティリティを使用して最高のパフォーマンスを実現

Forrester: Transforming Data Management for Digital Business

膨大な量のデータが日々生成される現在のビジネスにおいては、データベース管理が極めて重要です。Forrester 推奨の管理方法を紹介するこのウェビナーをぜひご利用ください。詳細なレポートをダウンロードすることもできます。

Forrester Webinar: Transforming Data Management for Digital Business
Forrester Report: Transforming Data Management for Digital Business

Join the conversation

Solutions for DB2 Community