BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

BMC Digital IT は、フォーチュン 500 社の 82% の企業においてデジタル革新を実現しています

ミドルウェアソフトウェアのパフォーマンスを最適化してリスクを最小化し、目標のサービスレベルを実現

ミドルウェア技術は、異なる種類のシステムを統合するために必要不可欠な技術です。 複雑なミドルウェア層の場合、小さな問題が重大な問題に発展するまで気付かないという危険性があります。 さらに問題なのは、企業全体のビューを使用せずに環境を個別に監視した場合、コストの増加や、スキルや時間の無駄が発生するという点です。

ミドルウェアソフトウェア管理ソリューションに求められること

  • ミドルウェア製品のパフォーマンスをリアルタイムで監視
  • アプリケーションコンポーネント全体を表示する企業全体のビュー
  • エンドツーエンドのミドルウェアトランザクションの追跡
  • 問題の早期検出による MTTR の短縮
  • データの収集、分析、レポート作成
  • 監査が可能なセキュアな構成管理

ミドルウェア技術層における複雑さを解消

BMC TrueSight Middleware Management は、複雑なミドルウェア層における問題見逃しのリスクを排除します。プロアクティブな通知とリアルタイム監視の組み合わせにより、潜在的な問題を把握することができます。トランザクションを追跡することにより、問題の発生箇所を素早く正確に特定することができます。
  • ミドルウェア製品環境全体とそのパフォーマンスをリアルタイムに確認
  • 一元化されたインターフェイスで、複数のミドルウェア製品をリモートから安全に管理
  • ミドルウェアソフトウェアが業務運用に悪影響を与えている場合に、詳細な通知を送信
  • 一般的な問題を自動的に修正し、IT スタッフの負荷を軽減
  • プラットフォームの専門知識がなくても、ミドルウェアオブジェクト上で共通タスクを実行可能
TrueSight Middleware Management の詳細 ›

「BMC Middleware Management により、間違いなく複雑さとコストに関する問題が改善しています。トランザクションの監視が当社の顧客にとって大幅な節約につながることは間違いありません」

— Rainer Pfeiffer (Fiducia IT AG 社、Systems Engineer)
TrueSight Middleware Management による Fiducia 社の IT 部門の成功事例をさらに読む
お客様の声 ›

関連製品

TrueSight AppVisibility

TrueSight AppVisibility is an application performance management suite that monitors and manages packaged, mobile web, web-based and modern application ecosystems, from the infrastructure and code to the customer experience.

BladeLogic Middleware Automation

BMC BladeLogic Middleware Automation により、手動操作なしで Java EE アプリケーションを容易に展開、構成、トラブルシューティングできます。

Mainframe System Management with MainView

BMC MainView は、プロアクティブな監視、自動化およびストレージソリューションにより、メインフレーム業務システムの可用性とパフォーマンスを向上させます。

関連トピック:

TrueSight
パフォーマンス、可用性、キャパシティを管理する BMC TrueSight ソリューションにより、IT 環境全体を調整することができます。
IT 運用
BMC の ITOM ソリューションは、監視、自動化、処理能力、分析の各ツールからのアクティブデータを使って、運用インフラの最適化を実現します。
データセンター管理と自動化
BMC のデータセンター管理と自動化ソリューションは、お客様の IT 効率の改善、コンプライアンス遵守、手動ルーチンワークの自動化を実現します。
アプリケーションパフォーマンス管理
BMC のアプリケーションパフォーマンス管理 (APM) ソリューションにより、意思決定の迅速化、IT スタッフの手作業による業務の削減、ビジネスユーザーの満足度向上の実現がさらに前進します。