BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

MainView Batch Optimizer

MainView Batch Optimizer

BMC Digital IT は、フォーチュン 500 社の 82% の企業においてデジタル革新を実現しています

高速バッチ処理

BMC MainView Batch Optimizer により、バッチジョブの実行時間が大幅に短縮されます。 メインフレームのバッチ処理環境に関する有用な情報を取得し、この情報を使用して、ジョブを最も効率的に実行します。 このソリューションにより、次のことが実現します。

  • メインフレームのバッチ処理ジョブで必要な入出力 (I/O) の量を大幅に削減
  • 低速でコストのかかる順次処理ではなく、複数のジョブを同時に処理
  • バッチ処理環境で、ジョブの実行時間を最も短縮できる箇所を特定

関連トピック:  メインフレーム, Mainframe System Management with MainView, ワークロードオートメーション

的を絞って動的に最適化

MainView Batch Optimizer は、メインフレームのバッチプロセスを最適化する使いやすいツールセットを提供します。動的に最適化を行うユーティリティを使用って、I/O の最適化が最も必要なバッチジョブを検索し、強力なジョブ接続機能により、複数のジョブとデータステップの同時処理を実現します。

最適化候補ユーティリティ

ソリューションに付属の候補ユーティリティにより、I/O の最適化によって最大の効果を得るバッチジョブを正確に検出します。

ジョブ接続テクノロジ

低速でコストのかかる順次プロセスではなく、バッチプロセス間でファイルの I/O 処理を接続する機能を使用して、複数のバッチジョブを同時に実行します。

柔軟な処理

絶えず変化するシステムの状態に合わせて、バッファの値と処理方法を動的に調整します。

さまざまなデータセットタイプのサポート

VSAM、QSAM、BSAM、BPAM の各データセットだけでなく、テープ装置、PDS メンバー、各種データセットのバッファ値も最適化します。

高度な LSR 機能

ローカル共有リソース (LSR) のバッファプールを作成し、ランダムアクセス用に LSR 処理へ動的に切り替え、先読み処理を実行して LSR 処理における順次アクセスの速度を上げます。

営業に問い合わせる ›

パフォーマンスを改善してコストを削減

  • さまざまなプログラム、アクセス方法、ファイルタイプについて、処理時間を最大限に短縮
  • 現在のシステムの状態に合わせて、適切な処理方法を自動的に適用
  • 現在のリソースを最大限に活用して、コストのかかる CPU のアップグレードを先送り

“BMC does a good job of taking care of customers. When we call with a problem, we get help right away…And BMC’s continued investment in developing the solutions assures us that we’ve picked the right partner.”

— Jerry Kolb, Manager of Systems and Operations, CTS
お客様の声 ›

IMS バッチ処理を強化

Application Accelerator for IMS™

BMC Application Accelerator for IMS が提供する強力な最適化ツールで IMS バッチ処理環境を管理できます。