BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

エンドポイント管理とは

エンドポイント管理では、組織内のエンドポイントデバイスの検出、プロビジョニング、展開、更新、トラブルシューティングを集中的に行うことができます。

わずかな数のサーバー、ワークステーション、ラップトップ、タブレット、スマーフォン(エンドポイントとも呼ばれる)が分散する環境に留まらず、ビジネスが拡大するなか、IT アセットの管理は困難になっています。 さまざまなデバイスが存在する場合や、組織のネットワーク外で使用するデバイスが存在する場合は、より困難になります。

どのようなデバイスが存在するかを認識することが、エンドポイント管理を効果的に行う基盤となります。 この認識により、アセットを追跡し、企業ポリシーや業界規制への準拠を徹底して、変更対象を特定できます。

新しいデバイスの自動プロビジョニングからソフトウェア更新の提供に至るまで、適切なエンドポイント管理ツールを使用することにより、標準化とセキュリティ保護をビジネスに統合することができます。 今日のデジタルワークスペースでは、エンドポイント管理を自動化することにより、サービスデスクが迅速にインシデントを解決できるようになるほか、ユーザーエクスペリエンス、生産性、コスト管理、セキュリティを向上させることができます。

エンドポイント管理戦略を作成するための注意事項トップ 5

エンドポイント管理は IT 運用において重要な役割を果たします。 さまざまなソリューションが長期間にわたって市場で提供されていますが、効率性の向上を図るために現在の戦略を評価する場合は、新しい基準について考慮する必要があります。

  1. モバイルワークフォースの増加

    現場の技術者や販売スタッフのみがリモートアクセスを必要とするわけではありません。 ミレニアル世代の台頭により、在宅勤務の割合が増えています。 従業員は場所や時間を問わず、中断されることなく働くことを期待します。 このような傾向は、次の二つの主要な点において、従業員の熱意と生産性をサポートする多くのデバイスを IT 部門が管理する方法に対して影響を及ぼします。

    • エンドポイント管理ではさまざまな種類のエンドポイント (ラップトップ、デスクトップ、スマートフォン、タブレット) に包括的に対応する必要がある
    • 企業のネットワーク境界外のデバイスに VPN 接続なしでアクセスして管理する必要がある
  2. Microsoft® Windows® 以外の環境
  3. Windows は現在も主要なオペレーティングシステムとしてラップトップ、デスクトップ、リモートオフィスサーバーの実行に使用されていますが、Bring Your Own Device (BYOD) の傾向が高まるにつれて、新しいソフトウェアが幅広く使用されるようになっています。 効果的なエンドポイント管理ソリューションでは、Windows、MacOS、Android、Linux の各種デバイスを、物理、仮想を問わず包括的にサポートする必要があります。

    エンドポイントで実行されるソフトウェアの脆弱性の悪用が増えるなか、主要なソフトウェアベンダー (Microsoft、Adobe、Oracle、Apple、IBM など) のパッチを管理する機能も求められます。

  4. コンプライアンス柔軟性のニーズ
  5. 標準的なエンドポイント環境を作成してすべての従業員に提供すると、コストを低減してセキュリティを強化し、運用をスムーズにすることができます。 しかし、ほとんどの組織では従業員に自身のデバイスを使用するような柔軟性を提供したいと考えています。

    エンドポイント管理ソリューションでは、デバイスを柔軟にプロビジョニングし、変更に効率的に対応できるようにして、基本的な構成の標準化レベルを維持する必要があります。 また、(企業のポリシーまたは業界規制に対する) コンプライアンス違反を報告し、デバイスをコンプライアンスに合うように自動的に戻すオプションを使用できるようにする必要があります。

  6. 賢く投資する方法
  7. エンドポイント管理に投資しない場合、望ましくない結果が予期せず生じる可能性があります。また、市場には高価で複雑なツールが数多く出回っています。 ただし、投資を最適化してリターンを最大化する方法があります。

    まず、最小数 (可能な場合は一個) のエンドポイント管理ツールを展開することにより、テクノロジーの拡大を制限し、メンテナンスを合理化して、IT スタッフのトレーニングの必要性を低減します。 また、SaaS ベースのソリューションについて検討します。これにより、資本支出を制限し、ソリューションを常に最新に保つとともに、内部 IT リソースを解放できます。

    すでに採用しているテクノロジー (エンタープライズディレクトリ、電子メール、データベース、CMDB など) とシームレスに統合し、ネットワーク構成やシステム構成に関する前提条件をほとんど必要としないソリューションを選択します。

  8. すべてのユーザーにメリットをもたらす選択
  9. エンドポイント管理ソリューションは、デスクトップエンジニアやデスクトップ管理者に制限することなく、サービスデスクスタッフを含め、他の IT スタッフも使用できるようにします。

    可能な場合は、ユーザーが最も頻繁に使用するツール (インシデント管理、ライセンス管理、モニタリング) を通じてエンドポイント管理を使用できるようにします。このためには、すぐに使用できるコネクタや API を使用してカスタム統合を行います。 エンタープライズアプリストアなどからセルフサービスで入手できるようにすることで、エンドユーザーが一部の機能を使用できるようにすることもできます。

すべての基準を満たすエンドポイント管理

BMC Client Management は IT がコストを最小限に抑え、コンプライアンスを遵守し、セキュリティ リスクを低減しながらすばらしいサービスをユーザーに提供できるように、分散型エンドポイント管理 (モバイル、ラップトップ PC、デスクトップ PC、サーバー) を提供しています。

  • インベントリの現在の状況を把握してインテリジェントに決断
  • ソフトウェア監査を容易にパスしてソフトウェア ライセンスを管理 – 過剰な配布や出費を抑制
  • エンドポイント コンプライアンスと自動ソフトウェア パッチ適用で、脆弱性と経済的リスクを軽減
  • システム プロビジョニング、アプリケーションの展開、プロファイルの構成を一つのコンソールから自動化
  • BMC サービス管理ソリューションを使用して、エンドポイントのトラブルシューティングと管理を円滑に実行
Client Management の詳細 ›

「BMC Client Management は、他のアセット管理製品では成し得なかったことを実現してくれました。 実装しやすかったのはもちろんのこと、使い方も簡単、アップグレードも実に簡単に行うことができます」

— Ed Kraft (Charter Manufacturing 社、Technology and User Services Manager)
Read the Charter Manufacturing story ›

関連トピック:

IT サービス管理 (ITSM)
BMC は、幅広い ITSM ソリューションのラインナップを揃えています。現代のモバイルユーザー、ソーシャルユーザー、ビジネスユーザーとのコラボレーション用に最適化されたインテリジェントなサービスを提供することにより、イノベーションを実現します。
IT Asset Management Software
BMC のアセット管理ソフトウェアで IT アセットを可視化、制御することで、御社で最も重要な投資の真の価値が明らかになります。