BMC
お問い合わせオプション

現在のニーズに適したリンクを選択してください。

BMC が提供する製品、ソリューション、サービスに関する質問は、以下の電話番号からお問い合わせいただくこともできます。

03‑5302‑8400

Recovery for DB2

Recovery for DB2

BMC Digital ITは、フォーチュン500社の82%の企業においてデジタル革新を実現しています。

リカバリの計画と実行を管理

データベースの計画外のダウンタイムは避けられない場合がありますが、BMC Recovery for DB2 11 ではダウンタイムで仕事を台無しにすることはありません。強力なリカバリツールのセットを使用して次回の停止やデータ破損から迅速に復旧して、以下を実現します。

  • バックアッププロセスの高速化と最適化
  • 整合性を維持したまま障害から瞬時に復旧
  • 障害の影響を最低限に抑える自動バックアップとリカバリジョブを確立
  • 障害復旧シナリオをシミュレートして概算し、必要なリソースの計画を立てる
  • どんな原因で引き起こされたとしても、損傷を受けたオペレーションデータへの変更を無効にする

関連トピック:  メインフレーム, Mainframe MLC Cost Management, Data Management for DB2® on z/OS®

バックアップ手順とリカバリ手順を大幅に強化

いかなる瞬間でもデータベースに障害が発生する可能性はあります。そのような時に備えて、バックアップ手順とリカバリ手順を常に準備しておく必要があります。Recovery for DB2 ソリューションのユーティリティは、データ整合性を維持したバックアック作成に対して高速で影響の少ないオプションを使用し、さらにどんなに複雑なアプリケーションでも対処できる復旧プロセスを自動で構築する機能により、バックアップ手順とリカバリ手順の両方に対応しています。

ダウンタイムなしでバックアップを高速で作成

高度なコピー機能を使用して、読み取りアクセスや書き込みアクセスを中断することなくデータ整合性を維持したデータの完全なバックアップを作成します。

必要に応じてバックアップをカスタマイズ

オブジェクト単位に基づいて、データサイズに適合するバックアップ技術を選択するか、もしくは独立したツールでその技術を管理できます。

障害シナリオをシミュレート

障害復旧プロセスの整合性を検証し、リソース要件を満たしているかどうかを確認して、目標の時間枠内に確実に完了させます。

バックワード、フォワード、サイドウェイの復元

障害から復旧する際に、現在の状態からデータベース変更を削除するのか、ある時点のコピーからの復元を行うのか、オンラインのデータ移行を使用して新規テーブルスペースに復元するのかを選択します。

ログ情報から SQL を生成

DB2 ログの情報を使用して、復旧タスクの実行に必要な SQL を自動的に構築します。

データの整合性を維持

マルチレベルでデータ整合性のチェックを実行し、テーブルスペース、インデックス、列データの検証を行います。

失敗したバッチプロセスを再開

詳細な制御でバッチジョブを再開して、データ整合性の向上と処理時間の削減を実現します。

バックアップを最大限活用

単に復元可能性を確認するのではなく、DB2 サブシステム間のデータ移行など、その他のデータベースタスクに対して、リカバリバックアップを最大限に活用できます。

共通のバックアップタスクとリカバリタスクを自動化

データベースオブジェクトの指定されたグループに対して実行される最適化されたバックアップおよびリカバリのジョブストリームを構築します。

営業に問い合わせる ›

ほとんど途切れることのない可用性

  • 可用性を中断させることなく簡単に復元できる包括的なバックアップ
  • 復旧プロセスを簡素化し、今までにない短時間で再び起動して実行
  • 整合性チェック、復旧シミュレーション、リソース評価における障害のリスクを軽減
  • 可能な限りタスクの自動化を行うことで復旧チームの負担を緩和

「BMC Recovery Manager for DB2 を使うと、最終的な完全コピーの後にオブジェクトに変更が加えられたかどうかを確認することができます。つまり、追加テーブルを再度コピーする必要がなくなったのです。全体から見れば、最大で 60% のテーブルをコピーする必要がなくなると見積もっています」

— Veit Blaeser(IDG 社、Systems Programmer) BMC ソリューションの導入による IDG 社の成功事例をさらに読む

このソリューションに含まれている製品

Recovery for DB2 ソリューションには以下の製品が含まれています。これらはすべて、バックアップ処理とリカバリ処理を包括的かつ強力に制御するために設計されています。
  • Recovery Manager for DB2®

    BMC Recovery Manager for DB2 は、あらゆる障害や破損からもすばやく確実に復旧できるようにシステムを備えます。最後のバックアップまたは復旧ポイントから変更されていないオブジェクトを特定して処理過程から排除することにより、リソース消費を軽減して処理時間を短縮します。 Recovery Manager では、同様のデータベースオブジェクトをグループ化でき、最適化されたバックアップおよびリカバリのジョブストリームを構築してオブジェクトを保護することができます。 さらに、完全なリカバリテストを実行する際に見つかるエラーや不整合を削減するためにシミュレーションを実行して、データベース復旧シナリオのトラブルシューティングを実施できます。 Recovery Manager for DB2 は、ローカルサイトから必要な情報を収集し、リカバリサイトで実行可能な包括的ジョブを構築します。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Recovery for DB2

  • Recover Plus for DB2®

    BMC Recover Plus for DB2 には、高速リカバリのための三つのオプションがあります。高度な復旧機能で、ジョブへの適切なアプローチを選択することができます。 バックアウト復旧オプションを使用すると、データベースの現在の状態から必要なポイントまでさかのぼって、その間の誤った更新を取り消すことができます。 また、フォワードリカバリ機能を使用すると、ある時点までさかのぼってその時点のコピーを復元し、その時点から更新を適用することができます。 これに加え、画像コピーやログレコードを使用するためのオプションも用意されており、新規テーブルスペースに復元してオブジェクト ID を変換することもできます。 さらに、従来の復旧リメソッドと異なり、Recover Plus for DB2 は削除されたオブジェクトを自動で復元することができます。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 High Speed Utilities for DB2®, Recovery for DB2

  • Copy Plus for DB2®

    ネイティブの DB2 コピーユーティリティに代わる BMC Copy Plus for DB2 により、バックアップジョブの簡略化とスピードアップを実現します。 オプションのデータ圧縮と暗号化に加え、テープおよび DASD へのコピー同時書き込み機能により、Copy Plus for DB2 は迅速で信頼性の高いバックアッププロセスを実現します。 Copy Plus は関連するデータセットを自動でコピーし、必要に応じて関連するテーブルスペースのグループを休止させ、アプリケーションリカバリをサポートします。 このユーティリティは DB2 カタログ情報も自動更新するため、RUNSTATS コマンドを個別に実行する必要はありません。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Object Administration for DB2®, High Speed Utilities for DB2®, Recovery for DB2

  • NGT Check for DB2®

    BMC Next Generation Technology Check for DB2 が提供する幅広い整合性チェック機能を使用することで、DB2 データの一貫性を保つことができます。テーブルスペースおよびインデックスの構造的なチェックから、カラムデータの詳細な参照整合性チェックにいたるまで、NGT Check for DB2 はネイティブの DB2 ユーティリティに代わる迅速でパワフルなユーティリティを提供します。 BMC が提供する整合性チェックでは、データベースの可用性が低下することはありません。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 High Speed Utilities for DB2®, Recovery for DB2

  • Log Master for DB2®

    BMC Log Master for DB2 はログ情報を活用し、重要な復旧タスク用の SQL を自動生成します。また、障害が発生した場合にも、変更を元に戻したり、やり直したり、移行したりするために必要な SQL ジョブを自動生成します。 Log Master for DB2 を使用すれば、面倒なバッチ移行ジョブ、ドロップリカバリ、データベース監査などを実行する必要がありません。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Recovery for DB2

  • Application Restart Control

    DB2、IMS、VSAM に対応する BMC Application Restart Control により、アプリケーションの再開時に発生する可能性のあるエラーをなくすことができます。 このユーティリティにより、チェックポイントの作成とトラッキングが自動化されるため、常にデータ間の整合性がとれている状態でアプリケーションを再開することができます。 過度なチェックポイント操作を抑制する外部フィルターにより、処理にかかる時間と CPU 使用量が大幅に削減されます。 Application Restart Control を使用すれば、すべてのデータリポジトリを継続して同期しながら、再び実行したバッチにかかる時間を削減し、場合によっては除去することができます。 スケジュールされているシステム停止の直前に、特定のチェックポイントで即時にジョブを停止したり、同じチェックポイントを使用して、予定外のシステム停止からすばやく簡単に復旧したりすることができます。 さまざまなプログラミング言語をサポートし、最小限の実装要件で済む Application Restart Control ならば、アプリケーションを簡単かつ効率的に再開することができます。

    この製品はスタンドアロンの商品、または次の構成の一部としてご購入いただけます。 Recovery for DB2

  • Snapshot Upgrade Feature

    Snapshot Upgrade Feature は数多くのデータベースを処理している間も、BMC のさまざまなユーティリティを連携させて、ほとんど途切れることのない可用性を提供します。インテリジェントなストレージデバイスのハードウェア可用性を活用することで、Snapshot Upgrade Feature はほとんど停止することなくデータ整合性を維持したままデータコピーの作成を瞬時に実行できます。このようなある時点のスナップショットのコピーを使用して、リカバリ、アンロード、タスクの再編成を向上することが可能です。

    この製品は次の構成の一部としてご購入いただけます。 Object Administration for DB2®, High Speed Utilities for DB2®, Recovery for DB2, Performance for DB2® Databases